研究室紹介
環境設備研究室 Building Physics & Building Services Lab.

建物は人間を厳しい自然環境から守るためのシェルターと言われています。近年、室内環境の快適性に対する要求が高まる一方です。現在、十分なエネルギーまたはお金をかければどんな厳しい自然環境の中でも快適な室内空間を実現させることができるでしょう。しかしながら、多量なエネルギー消費はエネルギー資源の枯渇問題ばかりか地球環境問題にも大きく関与しています。

本研究室は、「快適な室内空間を、いかに自然環境を配慮して省エネの手法で創り出せるか」を研究テーマとしています。具体的には、外断熱の省エネ効果、自然冷暖房の空調負荷削減効果、放射・床冷暖房の快適性・省エネ性、空調システムシミュレーションツールの開発、蓄熱式空調システムの最適運用、空調負荷計算法などについて研究しています。